高麗人参の「白・紅・黒」

高麗人参の商品を購入する時にパッケージに表示されている「白人参・紅参・黒参」の違いは何なのでしょうか?それは、一言で言うと高麗人参を製造する過程の違いなのです。しかし、過程が違うことにより、同じ高麗人参でも効能・効果と値段が異なってくるのです。

高麗人参の種類 

製造方法

サポニン含有量

8つの
効用

価 値

製造会社

白参(ペクサム)

人参の皮をむいて1ヶ月間、乾燥

30mg/g~70mg/g

一般

一和高麗人参
東園高麗人参
茶精高麗人参

紅参(ホンサム)

皮をむかず1ヶ月間1回程度、乾燥させて1回程度蒸したもの

60mg/g~170mg/g

高級

一和高麗人参
正官庄高麗人参
東園高麗人参
健晋高麗人参
茶精高麗人参
高麗人参百貨店

黒参(フクサム)

皮をむかず7ヶ月間、9回乾燥させて9回蒸したもの。
(製造特許取得会社のみ製造可)

250mg/g~350mg/g

貴重
超高級

 

黒人参家

 

 

TOPページへ